<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「生活のための仕方なしチョイ料理男子」

小林英樹

 

 

七月の第五日曜日がやってまいりました。

どうも、小林英樹です。

 

僕らのHPでは毎月、その月の第一日曜がギャラリー、第二日曜が月刊コラム、第三日曜が4コマ漫画、第四日曜がリハスタ録と様々なコンテンツをお届けしておりますが、じゃあ第五日曜がある時は何をお届けするの…?ってなことで、第五日曜がある月のときにだけ、ここ齋藤氏の月刊コラムの場をお借りして、僕が文章を綴らせて頂いております。

 

というわけで、今月はよろしくお願いします。

さてさて、突然ですが皆さまはお料理はなさいますか?

 

いつの時代も、大半の家庭においては毎日当たり前のように振る舞われてきた手料理ですが、牛丼チェーンやファストフード店、そしてコンビニエンスストア等が、かなりリーズナブルで美味しいお料理をお届けしてくれるようになってからというもの、現代では例えば一人暮らしをしていたとしても、特に料理をしなくても困らないといった生活ができるようになりました。

 

それに伴っていつの頃からか、料理をすることは、趣味の一環的な側面を幅広く見せ始め、今や料理上手な俳優さんや芸人さんの、趣味の域を超えたような本格的な腕前がピックアップされることも多くなり、料理好きな男性のことを「料理男子」と言ったりするなど、料理ができるという事に対する世間的な捉え方も、世代や立場によってかなり違いが出てきた様に思います。

 

ではではそんな時代の流れの中にあって、僕が料理とどう関わってきたのか…今回はそれを綴ってみたいと思います。

 

…実家暮らしだった学生の頃、僕は家の手伝いもろくにせず、これといって特に料理の経験はありませんでした。

只々座っていればご飯が出てくるような、そんな恵まれた環境に育ち、そのことに何の疑問もなく、そしてきっと自分が料理を作るなんて発想はその当時微塵もありませんでした。

 

その後、上京して一人暮らしを始めるようになってからも、そんな実家暮らしを送ってきた延長線上にある生活のことですから、これといって料理をする気は全く起きませんでした。

上文にも綴ったように、現代における目覚ましい発展を遂げた素晴らしいお店の恩恵にあずかり、日々の食事を桜華して過ごしておりました。

 

そんな中、僕の人生にある転機が訪れます…それは東京での一人暮らしも割と長くなってきた頃でした。

それなりに歳も重ねてきたが故に、そろそろ健康にも気を遣わないとハードなスケジュールをこなすのには支障が出てきたことに端を発っし、機材費や諸々の経費など下積み時代ならではの経済状況のひっ迫も重なって、一度それまでの生活を改めなければ、どうにも前へ進まない現実がやってきたのであります。

 

そんなとき、ひとつの案が僕の頭をよぎりました。

「健康管理×倹約」 … そうだ、自炊をしよう!(ありがちですが…微笑)

 

人って面白いもので、それまで自分には全く無関係に思えて無関心だったことでも、いざ本当に自分にとって必要にせまられるようになったりすると、なんとかしちゃうものなんですよね…(汗)

とは言え、いきなり料理に目覚めて速水も〇みちさんのようになるといった大それた展開なわけもなく…(苦笑)
しかしながらこのことが切っ掛けで、僕は「生活のための仕方なしチョイ料理男子」への第一歩を踏み出したのでありました。

 

料理を始めるにあたり、僕はまず、なぜ自分は料理をしたくないのか…料理に対する自分の抵抗感がどこにあるのかを探ってみようと思いました。

そうしてしばらく考えて辿りつきました…僕にとって料理をすることの何にそんなに抵抗感があったのかと申しますと、ズバリ、準備や下ごしらえに要する時間の長さと労力だと気がつきました。

 

あ〜お腹へったぁと感じてから、下ごしらえを始めて頑張って料理を作ってできるまでの時間とそこに費やした体力の減衰…この長さと倦怠感へのギャップに空腹が耐えられないという結論に至ったのです。いや…大真面目に(苦笑)

とにかく、「お腹がへる=即食べる」的な発想しか浮かばない様な、ありがたい人生を送っていたせいで、食べるためにはまず作らねばならないという大事な過程が、僕の中にはすっぽり抜けていたことに気づいたのです。

 

さらに探索は進み、次に出てきたのが、調理をするうえでは必要不可欠な調味料の種類の多さに対する抵抗感でした。

何がどのような用途で用いられ、どのくらいの種類の調味料が常に台所に備わってないといけないのか…などなど。

これはもう、テレビでやっているなんちゃら3分クッキング等で観かけるたびに心のどこかで感じていたのでしょうね、恐らく(汗)

「うむ…片栗粉?小麦粉?強力粉?…え〜い!どれも同じ色した粉だろ!」っとか…

「ん?ナツメグ…なんじゃその懐メロ的な訳解らん調味料は!いつ使うんだ!」っとか…

まあ擦り込まれた潜入感ってのは、そう簡単に解けるものでもなく…

その辺から、僕は自分が料理をするという思考をすることから、どこか逃げてきたのだと思い当たりました。

 

…う〜む。

(敢えて書くと、なんたる自己中でお恥ずかしい理由ですこと…笑。そしてなによりも母の手料理に心から感謝です。)

 

ってなことで、そんな自己分析の結果から僕が料理をするにあたってまず最初に心掛けたのが、料理時間が15分程度でできる物!

この程度の時間と労力なら、いくら空腹時の僕でも我慢はできます。

そして使う調味料は最小限に、料理酒、醤油、塩コショウ、砂糖、中濃ソース、だしの素。

使う器具も少なめに、 包丁、まな板、フライパン、大鍋小鍋に、おたまとさいばし。これくらいあれば充分!

この範囲内で作れるレシピのみに照準をしぼって、材料には野菜と肉のバランスが程良く取れている料理を覚えてゆくことにしました。

 

現代ではインターネット上でそれらに該当するレシピを簡単に探せるので、非常に助かりましたね(感謝)

 

そうやって料理に対する自分の中の一番大きな壁を突破すると、事はどんどん進んでゆくようでして…

スーパーでの買い物などには不思議と抵抗感はありませんでした。

食材を観て値段と相談しながら探すのも、どことなく音楽の機材を探しに楽器屋へ行く感覚と同じで、なんかちょっとワクワクする感じだったりと…

仕事以外は割と出不精気味な僕にとっては、外に出かける理由ができてむしろ好都合な面が多かったように思います。

 

あとはもう買ってきた食材に包丁を入れて、ネット上で見つけたレシピの手順を元に、キッチンで調理するだけ!

ちゃん ちゃか ちゃか ちゃか ちゃっ ちゃっ ちゃ〜ん♪ ちゃか ちゃか ちゃっ ちゃっ ちゃん♪ ちゃ〜ん♪

(割愛・・・・ってここが一番肝心なとこじゃない?)

はい!できあがり。

 

とまあ…そんなこんなで、なんとも自業自得で勝手ないきさつから生活のために仕方なく始めた自炊も、初めはたどたどしい面も多分にありましたが、長年経った今となってはごく当たり前の僕の生活の一部となっておりまして。

 

やる度に手際もどんどんよくなって、料理が完成したときにはキッチンの全てが片付いている状態だったりしています(満足☆)

おかげさまで作れる料理のレパートリーも増え、なすと豚の生姜焼き、トマトと卵の肉炒め、豚バラ大根、豚キムチ、鳥の簡単照り焼き…などなど、数十種になりました。

(これ全部、上記の該当例内で作れてしまうんです♪)

 

でも…作ったからといって、どこに披露するわけでもなく、結局食べるのは全部自分なんですけど(笑)

ですからまあいつの日か、OUTLET BANDSでコンサートへ向けての音楽合宿でもやれるようになった際には、相方の齋藤氏やスタッフの皆さんに「生活のための仕方なしチョイ料理男子」の腕前を、振るってみたいと思います!

 

さてさて、今回も長々と綴ってしまいましたが、いかがだったでしょうか?

最後までお付き合い下さった方、本当にありがとうございます。

料理って、どこかちょっとプライベートな感じが出る話題ですよね(微笑)

いよいよ夏も本番!この暑さに負けないように、栄養のある美味しい料理をしっかり食べて、今年も残る後半戦を元気に乗り切ってゆきましょう♪

 

それではまた。

 


2017.7.30 小林英樹

mac-saito * - * 00:00 * - * -

怒涛のような暑さが続いておりますが熱中症対策されていますか?

 

七夕はいかがなお願い事をされましたでしょうか?

 

 

そして

6月25日の埼玉ゆめすぎと野外イベント

楽しみにされていた方すいません。

残念ながら雨天中止となってしまいました。

 

ここまで埼玉イベント日に雨が続くと笑うしかないですね。

 

お笑いネタとして笑っていただけると

これ幸いです。

 

 

 

そして

今までのコラムを何となく読み返して見ました。

 

僕にしかわからないことかもしれませんが

振り返ると

肩に力が入っているような自分がいて

微笑ましいような

恥ずかしいような

 

でも自分なりに一生懸命に頑張っている感は

伝わってきます。

 

こんなふうに思えるのは今の自分は

多少は力を抜く術を得られたのかもしれません。

 

そして

その先で考えたことは

「一周まわって・・・」という言葉がありますが

そういうのに近い感覚かもしれませんが

原点回帰と言いましょうか

ある意味で

今までの経験や知識などを

整理をして

断捨離をして

シンプルに核な部分の自分をギターで楽曲で表現していこう

というところに至っております。

 

 

 

 

7月16日にお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mac-saito * - * 00:24 * - * -

6月です。

今年も折り返し地点に入ってまいりました。

梅雨入りもしましたね。

 

そして暑い。

僕は暑がりなところもあり

既に若干の寝苦しさを感じている今日この頃。

体調管理には気をつけていかねばと思います。

 

 

 

ところで

 

どのような半年を過ごされましたか?

達成された目標もあれば

果たせなかったこともあったと思います。

さらにいうと

「もっと○○できたのでは?」

という欲と言いましょうか反省もあると思います。

また

仮に今年1年の計画をたてたとして逆算的に考えたときに

現在は計画の何割進んでいるでしょう?

 

このままで良いこと。

掘り下げて深く考えること。

軌道修正が必要なこと。

別な方法が実はあるのではないかということ。

 

なんてことを

自分の中で

最近考えています。

 

 

 

この時点で考えすぎているのかもしれませんし

まだ考えが足りないかもしれませんが

シンプルにまとめて今年の後半に生かしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

そして

僕らの夏に向けてのスケジュールも公表していきますので

今後もNEWSのチェックよろしくお願いしますね。

 

 

 

mac-saito * - * 00:00 * - * -

サシ派

 

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?

今年は天候に恵まれましたね。

 

僕は映画鑑賞三昧でした。

 

4月23日のさいたま新都心駅前 

【アート・ステーションFestival on さいたま2017】

に足を運んでいただいた方、足を止めて聴いてくださった方

ありがとうございました。

強風で肌寒い中でしたが良いパフォーマンスができたと思います。

音源未発表曲大志を抱いてStarting Over」

初披露させていただきました。

 

 

 

そして今月は齊藤小林

それぞれラジオにゲスト出演させていただきました。

 

 

まず5日に齊藤

青森のコミュニティーラジオ・あおもりラジオくらぶの放送番組
  『昭和通りにラジオがやってきた!青森春フェスティバル2017』

に生放送に電話で出演させていただきました。

 

楽曲は「for me」をはじめ

音源未発表曲「LINE」を放送させていただきました。

アーカイブ動画をこちらから視聴できます。

 

 

そして9日に小林

千葉県浦安市のコミュニティーFM局 FM U-LaLa【83.6MHz】

『ウィンディーズマニア!シャバダバ!さやGoodナイト!』

に出演させていただきました。

 

楽曲は「for me」を放送していただきました。

 

まもなくアーカイブ放送がアップされると思いますので

こちらからチェックしてみてください。

 

 

 

 

冒頭で言った映画三昧なのですが

それにちなんで。

これは共感していただけないかもしれない話なのですが…。

実は僕、映画館は別として家などで映画鑑賞する場合

友人など誰かと一緒に映画を観るのが苦手で迷惑をかけてしまいます。

というのも

 

鑑賞中に話掛けられるのが苦手。(これは共感を得れるかも…)

 これは映画の世界観に浸るというのもありますが

 セリフの全てを聞き逃したくない、洋画であれば字幕を全て読みたいということからです。

 

気になるセリフや聞き逃したセリフ等がある場合は何度でも巻き戻します。

 伏線などがある場合は意味を理解したいのでその時も巻き戻したり一時停止して考えたりします。

 

同じ映画を立て続けに2回観る場合があります。

 これをする場合で多い理由は一度で内容が理解できなかった。

 セリフの意味をもう一度観かえしたい。

 もう一度あのシーンを観たい等です。

 

等の理由で僕と映画鑑賞をした方は迷惑を被ります。

これはもれなくと言って良いでしょう。

おおよそでも思い出せないぐらい誰かと映画鑑賞はしていません。

 

映画はサシで楽しみたい派です。

 

ではまた来月。

 

 

 

 

 

 

mac-saito * - * 00:00 * - * -

ミュージックビデオ撮影秘話

小林英樹

 

 

第5週の日曜がやってまいりました。

どうも、小林英樹です。

普段は、音楽から離れた日常のことを、ここでは綴ることが多いのですが、今月は映像クリエイト集団『Studio X’sFilm』とのミュージックビデオ撮影秘話についてを綴りたいと思っています。

 

4月初めに放送されたラジオ番組内でもご紹介のとおり、ことの発端は、相方である齋藤氏がSNS上で出来た繋がりからというものでした。

その頃僕達は新曲「for me」の制作で奔走する毎日を送っていたのですが、ある日のリーハーサルスタジオでの練習後に齋藤氏のほうから「『WALK ON』のクリップビデオ撮影をしてみたいっていう人がいるんスけど…どうですかね?」と告げられたのが最初でした。

 

「WALK ON」と言えば僕らにとっては3年前に出した1stミニアルバムのタイトル曲。

今制作している新曲の撮影という話であれば、事は吞み込み易かったのですが…僕の中ではやはり「なぜ今…」というのが正直な反応でした。

 

詳しく話を聞いてみると、なんでもSNS上で知り合った1人の若者が「WALK ON」をえらく気にいってくれたらしく、会話を進めていく内にどうもその人は駆け出しながらも映像チームをやっている人だとのことで、チームとして今回初めて音楽のクリップビデオ撮影に挑戦したいのだけれど、よかったらOUTLET BANDSのお二人に協力を願えませんか?といった趣旨の話でした。

 

スケジュールは新曲発表へ向けての調整でいっぱいいっぱいではありましたが、僕らよりも若い者の熱意と、なによりも3年も前に発表した「WALK ON」を素直に気にいってくれたことへの感謝の気持ちも後押しして、撮影に臨む運びとなりました。

 

今年に入って初め、1月某日、顔合わせを兼ねた撮影の打ち合わせが行われました。

僕らは撮影チームのメンバーがそろっている待ち合わせ場所のファミレスへ到着し、簡単な自己紹介から入りました。

そこに居た5人の若者は、おそらく彼らから見ると大人であろう僕ら2人を前にして少し緊張気味ではありましたが、ハキハキと自分の事を話してくれる姿はどこか初々しく、そしてなによりそれぞれの夢や目標に溢れた良い目をしていました。

会話は各々のあだ名や呼び名の話から、好きな音楽の話、そして業界の話など、それぞれの性格や関係性が見えてくる形で派生してゆき、ひととおり場が和んだところで、本題の撮影プランとスケジューリングの打ち合わせへと入ってゆきました。

こうして小2時間くらいの顔合わせは無事終了し、僕らは初めてSNS上の繋がりから顔が見える繋がりへと変わっていったのでした。

 

それから約一週間後のカメリハ日程の日。

予定ではその日、すでにロケ地入りしている映像チーム『Studio X’sFilm』のメンバー達と、僕らOUTLET BANDSは現地で15時に落ち合う予定でした。

ところが移動に使う予定の路線がその時間帯に事故によるダイヤの乱れから一時運休し、他に迂回ルートもなかったために、どうにも身動きが取れない状態に陥るというトラブルに…(汗)

齋藤氏を通じてすぐに連絡を取り合うと、映像チームのほうもロケ地テストのために細かく同路線上を移動していたため、これまた同じく身動きが取れないとのことで…

とにかく路線の復旧を待っての動き出しとなる、少々暗雲立ちこめた流れとなりました。

 

45分くらいして、電車は特定区間のみ運行が可能な状態となり、僕ら2人はそれに飛び乗って現地よりも一つ手前の駅までゆくこととしました。

 

駅では映像チームのメンバーが待っていてくれており、時間的に一駅移動していると日没シーンを撮り逃してしまう可能性が出てきたので、カメリハということもあって似たような風景が撮れるこの駅にての撮影を敢行しようという運びとなりました。

ロケ現場に着き、すばやく衣装に着替え、カメラ等のセッティングも済んだ後、今回の映像企画初の撮影が行われました。

 

大きな川沿いの岸の上、夕日を背に、少し風が吹く中を、テスト段階のインスピレーションを頼りに、無我夢中で撮影は進みました。

撮り終えてみれば1時間ちょっとの短いロケ時間ではあったのですが、『Studio X’sFilm』と『OUTLET BANDS』がコラボした貴重な初映像が、映像編集へ向けてストックされた、ある意味で記念の瞬間でした。

 

この時の映像は実際に編集後の完成映像にも使われているのですが、後になってよくよく考えてみると、この日は朝から曇りの空模様で太陽が見える確率はかなり低いものでした…しかし電車の遅れや、ロケ地が一つ手前の駅になったことなどが功を奏し、角度的に夕日の光を取り込んだ映像を結果的に撮ることができ、映像チームのメンバーとの間でも奇跡的な一日だったと話しております。

…そうそう、内輪話なので深くは掘り下げませんがこの日は撮影中に、遠い昔に役者を目指していたんだと語るお茶目なおじいさんとの出会いもありましたね(微笑)

 

そんな感じで、撮影初日を終えた僕達は、翌日朝からの本撮影に備えて、この日は早めの解散をしました。

 

夜は明けて翌日…本撮影の日程日。

この日は朝から太陽の光に恵まれた、絶好の撮影日和でした。

朝にはめっぽう強い僕は、準備も早々に済ませて意気揚々と家を出て、まずは相方齋藤氏との待ち合わせ場所に向かいました。

小林「おっす、おはよ〜」

齋藤「おはよございま〜ス、朝早いんでヤバいかと思ったんスけど、セーフでした(笑)」

 

こんな会話から始まって、この日は無事運行している電車に乗車。

そのまま、『Studio X’sFilm』メンバーが朝も早いのにちゃんと全員そろって待ってくれている、本日のロケ地がある駅へ・・・・(苦笑)

 

(…ん? 今なんか変なこと言った?俺… ※ Yっすん と Nむら君はあとでなんか奢ってあげるからね、笑)

 

というわけで、全員集合となり(微笑)、早速ロケ地へと向かいました。

 

現地に到着し、それは撮影を始めようと準備を開始した矢先でした…

今回のロケ地は、昨日カメリハを撮った大きな川岸の対岸側だったのですが、その川面にふと浮かぶ浮島のような陸地を発見…

それを見た途端に全員が「あそこで撮影できたらいいよね…」とイメージがリンク。

しかし次に目に入ってきたのは、その浮島の先端に立てられた看板の『人工産卵場 関係者以外立ち入り禁止』の文字でした…

 

後ろ髪を引かれながらも、やはり許可なく勝手に撮影するのは問題になるので、泣く泣く諦めようとしかけたその時でした。

その浮島のまわりをウロウロと見回る人がやってきて、そして浮島を一周すると、問題なしとばかりに去っていこうとしておりました…

 

これは立て看板の組合関係者の人に違いないとばかりに、映像チームのリーダーがその人に駆け寄り、ロケ地としての交渉をすぐさま働きかけました。

話してみると実はその方…組合の方ではなく、散歩がてら釣り場の様子を観に来ただけであったのだとか(汗)

しかしながら、立て看板の組合の組合長さんとは昔馴染みだとのことで、なんとその方のご好意で組合長さんに電話で連絡を取ってもらえることに!

その後、駆けつけて下さった組合長さんに僕達は誠心誠意事情を話し、そして快く撮影許可を頂く運びとなりました。

(この時、ご協力下さったお二方、そして組合には大変感謝致しております。本当にありがとうございました!)

 

さあ、絶好のロケ地も貸して頂き、準備も整い、いよいよ本番!スタート♪♪♪

 

と、まあ…ここからは僕が文字で綴るよりも、このHPの「プロモ動画」からMVプロモーションの〜WALK ON【Studio X’sFilmコラボ企画版】〜を直に観て頂くほうが早いでしょうね(微笑)

 

そして、実はこのミュージックビデオの簡単なメイキング動画が『Studio X’sFilm』のほうから出されておりますので、そちらも是非々々一緒に楽しんで観てみてください♪

こちらのURLからどうぞ! youtube.com/watch?v=cKye8P3uPeM

 

一度観た方も、この文を読んでくださったあとで観てみると、より一層楽しんでいただけると思いますので☆

 


さてさて、今回も長々と綴ってまいりましたがいかがでしたでしょうか?(微笑)

動画を制作するって大変ですねえ…ほんと(苦笑)

なんて冗談はさておき、こうして貴重な時間を持ち寄って一つの物をクリエイトすることは本当に良い刺激を生み出してくれます。

僕達OUTLET BANDSの次回作にとってもこの経験は曲として必ず活きてくると思います。                            

なにより映像チームのみんながこのコラボ企画を期に、チームとしても、そして個人の人間としても、この未来、大志を胸に大きく目標に向かって歩み続けてくれることを、僕らは心から願っています。

 

WALK ONという曲と歌詞に込めた意味を、再び拾ってくれてありがとう、『Studio X’sFilm』のみんな!

 

それではまた♪

 


2017.4.30 小林英樹

mac-saito * - * 00:00 * - * -
このページの先頭へ